SIMPLE NOTE(シンプルノート)

  • ホーム > 
  • SIMPLE NOTE(シンプルノート)

ハイセンスな家づくり simple note

熊本県八代市の建築工房、徳田建築工房株式会社では、「SIMPLE NOTE(シンプルノート)」を取り扱っています。SINPLE NOTEとは、洗練されたデザインで無駄なコストを省いた住居です。お友達やご親戚に、つい自慢したくなるようなハイセンスな家づくりを検討してみませんか?

simple note

simple note

コンセプト

コンセプト

洗練されたデザイナーズ住宅
合理的な設計がもたらす高性能住宅
子育てママの家事をラクにする思いやりの家
家族の安全やプライバシーを守る防犯住宅
無駄なコストを省いた賢い家
人に自慢したくなるようなセンスの良い個性的な家

もしデザイナーズ住宅が住みやすかったら。
明るかったら。価格が高くなかったら…。

SIMPLE NOTE(シンプルノート)が目指すのは、住宅業界に流布してしまっている「間違った当たり前」からあなたを解き放つことです。例えば「デザイナーズ住宅って住みにくい」、「確かにかっこいいけれど窓が小さくて部屋が暗い」、「おしゃれなぶん、価格も高い」といった先入観はないでしょうか?  心のどこかで時代を先取りしたデザインの住宅に住めたらと憧れながらも、なんとなくネガティブなイメージを払しょくできずに前に一歩踏み出せない‥‥。
でも、もしデザイナーズ住宅が住みやすかったらどうでしょうか?
もしも、明るかったら? 
価格が高くなかったら?……

そんな夢を実現するのが「SIMPLE NOTE」です。家を限りなくシンプルにすることで、いままで「アタリマエ」という思い込みから解放してくれる、新しい時代のデザイン住宅です。

今までの住宅業界では、デザインを施すこととシンプルにすることは相反するものとして、建築のプロは目をつぶり、住まいを探す人々は妥協し続けてきました。しかし、これらの問題点を解決していかなければ住宅業界の未来はないという思いから、SIMPLE NOTEではデザイン性が高くなおかつ手に入れやすい住宅をつくることを目標とし、「共存」を実現する答えを見出しました。

不可能であるとされていた「5つの問題」を、「5つの共存」に変えたSIMPLE NOTEの全貌をご紹介します。早速覗いてみてください!

SIMPLE NOTE だから叶えられる!

5つの共存

かっこいいけど住みたい家

かっこいいけど住みたい家

一般的に、オシャレでカッコイイ家というのは住みにくいと言われます。その原因は、デザイン性を保つために性能や頑丈さ、そして住みやすさという貴重な要素を犠牲にしていることにあります。あくまでも家が主役という考えのもと、建築家や設計士のエゴで作ってしまい、本来主役となるべき家族の生活の場であるという認識をおろそかにしてしまった結果と言えましょう。

しかし、すべてのカッコイイ家が住みにくいわけではありません。SIMPLE NOTEが、住みやすく、なおかつシンプルでハイセンスな住まいのカタチを実現しました。住居にとって本当に必要なものと、不要なものを徹底的に追究して生まれた、機能美というにふさわしい『デザイン』美を備えたSIMPLE NOTE住宅が、住みやすくオシャレな生活を可能にします。

デザイナーズ住宅でもお求めやすい

デザイナーズ住宅でもお求めやすい

デザイナーズ住宅は高い! このようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。
高くなるのは、デザイン性という価値を付加するために過分な装飾・設計で費用が加算されたり、建築家が作品づくりに傾倒した結果、価格が上がってしまうためです。そうした背景から、「デザイナーズ住宅は高い!」と受け止められるようなりました。しかし、この常識をSIMPLE NOTEの『概念』が覆します。

本当のデザイナーズ住宅のあるべきカタチとは、デザイナーが気のままにデザインを加えた結果、住まう人がやむなく生活に不便を迫られる住居ではありません。生活するうえで余計なものをスッキリとそぎ落とすことで、そこに暮らす人の経済的負担も生活動線などにおいての負担も少ない、合理的な住まいになっていることです。主役は、デザイナーではなく住まう人—-。機能美によって洗練されたお求めになりやすい住まいのカタチがSIMPLE NOTEです。

開放的! でも外からは見えない

開放的! でも外からは見えない

開放感と外からの視線、その決して共存できないと考えられてきた2つをSIMPLE NOTEの『工夫』が解決します!
SIMPLE NOTEには、外からの視線をシャットアウトしながら開放的な暮らしを守るための工夫が複数用意されています。

たとえば、SIMPLE NOTEでは、外からの視線が入り込む道路面や隣接する家がある方向に、むやみに大きな窓を作ることはしません。その結果、外からの視線を気にすることはなくなり、同時にカーテンや雨戸の出費を抑えることができます。このように、SIMPLE NOTEなら、外からの視線が入らない方法で太陽の光が差し込むなか、思いっきり開放的にくつろぐことができます。

子育て中でも散らからない

子育て中でも散らからない

SIMPLE NOTEは、子育て中は散らかってばかりだから来客もちょっと・・・、というお悩みを『間取り』の工夫で解決します。
SIMPLE NOTEの設計は、その名の通り家族の生活動線をできるかぎりシンプルになるよう工夫しています。

たとえば、生活の中心であるリビングと子供部屋の動線をかぎりなく短くすることで、子どものものを子供部屋にしっかり収納しやすくなっています。また、パントリーや土間収納もリビング近辺にあるため、リビングをいつもスッキリとキレイに保つことが可能となります。SIMPLE NOTEの住居なら、子育て中の来客も安心です。

日当たりの悪い土地でも暗くならない

日当たりの悪い土地でも暗くならない

SIMPLE NOTEでは、日の光を南からはもちろん、家全体から採り入れる設計になっています。もし、南側からの光にこだわり過ぎてしまっていた場合、カーテンを閉め切ったらどうしても家の中は暗くなってしまいます。また、南から射し込む日の光が強すぎて、熱や眩しさを感じてしまうこともあるでしょう。

たしかに、南側の方が日当たりが良いですが、日中の太陽は南にあるわけではなく上にあります。SIMPLE NOTEはここに着目した住居です。家の要所にある、外からの視線が入らないフロストガラスや吹き抜け、計算された反射光によって、自然で心地の良い光が家全体を包み込むという設計を施しています。たとえ南向きの土地でなくても、「外観からは想像できない室内の自然な明るさ」をSIMPLE NOTEが可能にします。

不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。
不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。 不要なモノを「そぎ落とす。」という選択。

SIMPLE NOTEのデザインにおいて最大の特徴は、これまでの家に比べて視覚に訴える目立つ要素が圧倒的に少なく、シンプルなデザインになっていることです。

快適さや暮らしやすさを保ちながら、不要なものを一つ一つ吟味して取り除いていき、シンプルですっきりしたデザインを生み出していくのです。

デザインありきで始まるものではなく、発想の出発点は「機能美」と呼ぶべき美しさ。住まう人が快適で幸せになれる要素にフォーカスし、生活面はより機能的に、そして外観のデザインも申し分ない住居のカタチを追求する。そこから生まれるデザインです。

重要なのは、「どうシンプルなのか」ではなく、「なぜシンプルなのか」—-。住まう人を主役にするSIMPLE NOTEの住宅であなたらしい人生を創造していきませんか。

SIMPLE NOTE(シンプルノート)に関して

このようなお悩みは徳田建築工房株式会社へお気軽にお問い合わせください。

  • もっとSIMPLE NOTEについて詳しく知りたい
  • 具体的にはどのようなプランがあるのか知りたい
  • 類似商品とシンプルノートはどこが違うのかなどを知りたい
  • その他

最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!

    • 最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!
    • 最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!
    • 最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!
    • 最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!
    • 最新の家づくりを体感できる見学会。家づくり無料勉強会など適時開催!

    徳田建築工房で建てた家
    イベント写真のご紹介。いいね大歓迎!
    tokudakoubou0402

    instasgram

    • LINE@徳田建築工房
      お気軽にご連絡ください。

      ちょっと相談しようかな…
      そんな時にはLINEで簡単!
      お友達追加はこちら >

      LINE@

    • qr

      line

WEBフォーム / 来場予約・お問合わせ